天目染めは国宝・曜変天目茶碗の肌合いを染で再現した染技法です。
無地染の着物なので、フォーマルな場面にはもちろん、帯を変えることで大変お洒落なお出かけ着にもなります。


正絹紗袋帯

天目染
生地の上に染料をひいたうえに、おが屑をたっぷり振りかけることによって、そのおが屑に染料を吸い取らせます。その吸い取ったあとが淡い感じの点になって現れます。たたき染めほど境界線がはっきりせずに柔らかな印象になります。

夏帯締め・絽帯揚げ

レース半衿

本革草履

正絹串織りバッグ

きもの お召し単衣お仕立て上げ \157,500(税込)
帯    紗袋帯お仕立て上げ \58,000(税込)
小 物  帯締め \6,800(税込)
     帯揚げ \4,800(税込)
     半衿 \3,980(税込)
     草履 \7,980(税込)
     バック \9,800(税込)



2008年05月 『 天目染すかし織お召し 』